おりいの清水

加古川・教信寺の前の道は昔の西国街道です。
西国街道は京都から下関まで通じていました。

その西国街道沿いに「おりいの清水」という井戸があります。

説明看板によると
「江戸時代、この井戸は有名で、瀬戸内海を行く船がここで水を汲んだ。」
と書かれています。
昔はこの辺りまで海だったのでしょう。今は海からずって離れていて、とても想像できません。