須行名・名畑の流れ橋

宍粟市伊和神社前の道の駅「播磨いちのみや」にある須行名マップに流れ橋が載っています。
興味が湧いたので、流れ橋を探して揖保川の土手沿いを自転車で走りました。

上流側から走っていくと、伊和神社の真西あたりで流れ橋らしきものが見えてきました。

流れ橋が見えてきました
流れ橋の看板が出ています

橋は揖保川の中洲辺りまで伸びています。
流れ橋は釣りをするための橋のようです。水かさが少ないときは、向こう岸まで渡れるのかもしれません。

土手から降りて橋を渡ってみました。
結構揺れて、へたをすると川に落ちてしまいそうですが、しっかり渡ることはできます。
とても簡単な構造だけど、うまいことできています。流されたとしても、修復も簡単そうです。

揖保川はこんな上流でも大きな川でした。こんな簡単の構造で橋を作るなんて、昔の人は賢かったですね。