長塚古墳

長塚古墳は田んぼの中にポツンとあります。
確かにその一角だけ盛り上っています。看板がなかったら古墳とは思えませんでした。

この古墳はもともと前方後円墳だったとということですが、まったくそんなイメージがありません。
長い年月をかけて、まわりの田んぼに侵食されてしまったようです。

姫路古墳ロード案内マップには長塚古墳について次のように書かれていました。

全長約 34 m の前方後円墳で、5〜7mの周溝がある。
石室は東西を軸とする横穴式石室。
出土品は須恵器、土師器、石製品、鉄製品、銅鏡などが数多く、
金環 4 個の他に管玉、ガラスなどの装身具も出土した。
長塚古墳は6世紀前半の市川東岸の首長の墓で
宮山古墳に納められた首長の孫にあたるのではないかと考えられている。

姫路古墳ロード案内マップより

長塚古墳から壺などが出土したようです。ステキなデザインです。

姫路古墳ロード案内マップより